腰痛改善快適生活! ~ ゲゲゲの激痛飛ばして楽ちんに! ~

笑顔

尿酸値を下げて予防を

シニア

痛風は、生活習慣病の一種で、一昔前は贅沢病とも言われていました。痛風とは、関節の炎症や腫れの症状が出てきます。昔のネーミング通りで、プリン体を多く含む食品や飲料を多量に摂取することで引き起こされている症状です。特に社会人に多い症状です。酒の席や外食の回数は増えていくことで痛風にかかるリスクが高まります。一度痛風にかかってしまうと、体を動かすたびに、激痛が走ります。また、体を動かさなくても、外の風に当たるだけで、痛みが生じてしまうものです。痛風を予防するためには、プリン体を多く含む食品の摂取を減らしていくのが最善の方法です。痛風の原因とされるプリン体は、老廃物である尿酸を増加させてしまいます。尿酸値が高ければ高いほど痛風のリスクが高まっていくのです。

痛風を予防するためには、プリン体が多く含まれているものを控えることです。どんな食材に含まれているのかというと、代表的なのがビールです。何処の居酒屋に言っても誰もが最初に注文するアルコールです。ビールに含まれるプリン体は、大瓶で約33mgとされています。なるべく適度に嗜むのが最適でしょう。また、肉類で赤身の多い部位のものや、魚の切り身にも大量に含まれています。健康診断で尿酸値が高めと診断されたら、それらの食品を控えていきましょう。また、予防のために尿酸値を低くするのに打ってつけなのが、コーヒーです。コーヒーの効能は、体内にある尿酸値を抑える働きをします。独特な苦味がありますが、飲む前に砂糖か、ミルクを利用してでも1日一杯は飲めば劇的に予防できます。

Copyright© 2015 腰痛改善快適生活! ~ ゲゲゲの激痛飛ばして楽ちんに! ~ All Rights Reserved.